BLOG ブログ

サナモアの良さを伝える難しさを痛感。

皆さんこんにちは。

院長の津川です。

先日あったことを今日は紹介したいと思います。

「何にでも効く」という怪しさ

私の知り合いである日、急に顔色が悪くなり、病院へ行った方がいました。

心臓の鼓動が強く動悸が止まらないということでした。

入院して一晩中心音を測定したりMRIを撮ったり、いろいろ大変だったそうです。

その後、結果が出るまでの間にそのことを知り「一度サナモア光線治療を体験しに来ませんか?」と言ってみました。

実は、私は自ら「私の治療院に来ませんか?」と言わないようにしています。

それについては後ほどお伝えします。

しかし、はぐらかされるばかりで来るような気配はありませんでした。

私は知り合いのために強めに言ってみました。

「明日、来てください。最初は無料ですし、一度やってみて続けるかどうか決めたらいいじゃないですか?」

しかし、またしてもダメでした。

今度は方向を変えて「原因からサナモアの良さを伝える」という戦法を取りました。

「ちなみに、何か原因は思い当たりますか?体なのか、ストレルなのか、とか。」

すると「どっちにもサナモアは効くって言うんでしょ(笑)」と。

そうですね、確かにそうです。

何にでも効く。

そんな怪しいことはないですよね。

「誰でもお風呂に入る」「誰にとっても体を温めることはいいこと」「誰でも汗をかいたらスッキリする。」と同じだと思っていたのですが、正い伝え方ができませんでした。

その知り合いからは「マックを食べ過ぎた」「最近太ったから」と言い、だからどうするかということはありませんでした。

病院に行くだけ

最近、多くの方に出会う中で「何もしない人」がとてつもなく多いなと感じています。

・太ったけど運動しない。

・病気になったけどタバコをやめない。

・体調がすぐれないけど食べ物を変えない。

・肩こりがあるけど筋トレをしない。

ほとんどの方が何もしません。

しかし、病院には行くのです。

病院に行きさえすれば治るのでしょうか。

病院はすごいところです、痛みを消したり、悪い部分を取り除いたり、すごいことができます。

しかし、自分の体は自分で管理するしかないのです。

痛くなった原因は自分にあるのです。

サナモアで助けたい

病院で「原因がわかりません」「安静にしていてください」と言われたらどうしますか?

やれることはたくさんあります。

その中の1つが「サナモア光線治療」です。

体を温めて、汗をかいてリフレッシュして、気分がスッキリして、痛みが和らいで、ストレスが少し減って、体調がよくなる。

少しずつですが、こんなすごいことがサナモアにはできます。

しかし、98%の人はそれを聞いても来ません。

まだまだ私の力不足。

伝え方の研究をしないといけませんね。

なぜ自ら来院を促さないのか

その人が儲かる時、それを宣伝することは「金儲け」に見えてしまいます。

例えば「私、ひどい冷え性なんです、毎日辛くて」と言っている方がいた場合、サナモアは非常に有効です。

1回で効果を感じますし、続ければ基礎体温も上がります。

しかし、その人に「サナモア光線治療が冷え性にはすごく有効ですよ。一度来てみませんか?」と言うと、どうでしょうか。

「あー、この人は私をお客さんにしたいんだ」と思われる可能性が非常に高いです。

皆さんセールス嫌いですよね。

私も嫌いです。

毎日のように「楽天での売り上げをあげますよ」「ネットでも検索で上位に表示できますよ」「売上が倍になりますよ」という電話がかかってきてうんざりしています。

そう、サナモア光線治療をすすめることはセールスをしているのと同じになってしまうのです。

なので、私から「その症状ならサナモアやってみませんか?」とは言いません。

相手から「こう言う症状に効きますか?」と言って来た場合にはしっかり説明します。

今回は知り合いだったので強くすすめてみたのですが、やはりダメでした。

最後に

私の仕事は「サナモア光線治療を広めることで健康を日本に広める」ことだけではなく「正しく伝える方法を探すことで認知を高める」「自分の健康を自分で守る」ことを広めるが新たな仕事として加わりました。

やることがいっぱいです。